2017年2月19日日曜日

ファゴット

今回からメイントップへのインタビューを再開します!

今回はファゴットのメイントップです

メイントップでありながら、「白鳥の湖」の管楽器トレーナーもしている4年生の団員です(*´ω`)

――――――――――――
浮貝/ 今回の演奏会のメイントップは、今までの演奏会と違うと感じますか?

Fg/ 私は1年生の後期から3年生の前期までは全部の曲に乗って、さらにそれをやりながらトレーニングも担当していました。前回と今回はメイン曲だけしか乗っていないので、メインの曲だけに向き合ってできると感じています。一緒に吹く人と音を合わせたりといったこだわって練習する時間が3年生の頃よりも増えたと思います。

浮貝/ 自分が乗っている曲をトレーニングするのは大変ですか?

Fg/ 自分が乗っている曲をトレーニングをする良さは、自分が乗っているから曲の構造もわかりやすいし、他の人の様子をtuttiの中でも見ることができるというところだと思います。でも自分がいない状態でトレーニングをすることになるので、自分の音だけは分からないっていうのが不安ではあります。今回は自分が乗っていない曲をトレーニングしているので、はじめの頃は曲を深く知っていないなって感じるときがありました。でも乗っていないからこそ音を客観的に聴くことができるので、バランスを見たり、こうしてほしいって言いやすいです。

浮貝/ 「白鳥の湖」の魅力はどこですか?

Fg/ ホルンのトロンボーンに対抗して音を出すようなシーンが個人的にとても成長を感じていて、楽しいなって思いながらトレーニングをしています。金管のファンファーレとか金管の伴奏とかに成長を感じていて、トレーニングをしていて一番魅力を感じます。あとは木管の人たちが必死になって連符をさらっているので、頑張っているなって思って見ていただきたいです(笑)。

浮貝/ メイン曲のドヴォルザーク 交響曲第8番の好きなところはどこですか?

Fg/ 今回の曲は伴奏が多いです。4楽章の超絶技巧なフルートソロのうしろでファゴットが実はひっそりと支えるように伴奏をやっているのですが、そこが個人的に一番好きな場面です。ふと思い出してください(笑)。

浮貝/ 2年生の3人の後輩は、どんな存在ですか?

Fg/ 嬉しい反面、はじめは結構ビビッていました(笑)。実は私は経験者と一緒に部活をやることが初めてだったので。エキストラさんを呼ぶと必ず自分より年上の人だったのが、今度から一緒にやるのは自分より年下のうまい3人だったので、ビビりながらの後輩獲得でした。今は3人ともそれぞれ魅力があるかわいい後輩たちだと思っていて、一緒に演奏できるのがこれで最後だと思うと寂しいです。私が卒団しても、3人仲良く頑張ってほしいです。みんなそれぞれ魅力的な音が出るので、これからも3人で頑張っていってほしいと思います。

浮貝/ それでは最後に、お客様に向けて一言お願いします!

Fg/ 今回が4年生にとっては最後の定期演奏会となります。ファゴットパートとしてはこれで私がやっとすべての後輩とメイン曲に乗り終わる定演でもあります。序サブの2人、メインで初めて一緒に乗る後輩にも注目して、演奏会を楽しんでください。

浮貝/ ありがとうございました!


(取材日2017年2月12日)

――――――――――――
【第86回定期演奏会】
 
指揮
海老原 光

曲目
ドヴォルザーク     交響曲第8番 ト長調
チャイコフスキー    バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋
リムスキー=コルサコフ 歌劇「皇帝の花嫁」序曲

日時
2017年3月12日(日)
17:45開場/18:30開演

会場
愛知県芸術劇場コンサートホール

入場料
全席自由800円(前売り700円)

2017年2月18日土曜日

弦楽器トレーナー

今回はメイン曲を担当している弦楽器の学生トレーナーへのインタビューです!

優しい口調でありながらも、的確な指示を出すことができると評判のトレーナーです

今回はたまたま近くに居合わせたコントラバスパートの団員、よしおさん(仮名)も一緒にインタビューしてみました('ω')ノ

―――――――――
浮貝/ 愛教オケの弦セクションの良さはどんなところだと感じていますか?

弦トレ/ 弦楽器の経験者はみんな力量があると思います。初心者も経験者に教わりながら頑張って弾こうとしていて、卒業するころには初心者だったってわからないくらいの弾きっぷりです。経験者も初心者もお互いに影響を与えながら練習しているところが良いところだと思います。

浮貝/ 普段のトレーニングで心がけていることはありますか?

弦トレ/ tutti中やトレーニング中は、できるだけみんなが弾いている様子を見るようにしています。
  私は音楽科でもないし楽器の経験も少ない方なので、そんな自分は何ができるか考えた結果、みんなのクセを知ったうえでトレーニングをしたいと思いました。ヴァイオリンならヴァイオリン、チェロならチェロで少しずつクセがあるなって感じます。こうやって観察してると、誰が弾けていて誰が弾けていないかもわかってしまいます(笑)。

浮貝/ よしおさんはトレーニングを受けていてどうですか?

よしお/ 緊張感があって良いトレーニングだと思います。いろんなパートに指示を出していて、自分は弾いていないところでも、なるほどって参考になることも多いです。

浮貝/ トレーニング中に苦労していることはありますか?

弦トレ/ 私は普段コントラバスを弾いているんですけど、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロはコントラバスとは違う種類の楽器なので弾き方も変わってきます。なのでたまに感覚のズレを感じます。

浮貝/ 「感覚のズレ」って管楽器を吹いてる私にはピンと来ないんですけど、よしおさんも感じますか?

よしお/ 楽器の大きさとかも違うから、音のスピード感とか発音の仕方も変わってきますね。

弦トレ/ 他に苦労することは、管楽器とも一緒にやるセクション練習を組むときです。私はコントラバスで管楽器のトレーナーはTubaだから、どうしても低音に偏った練習になってしまいます。総トレも管トレも弦トレも、今のトレーナーは低音に偏ってるから、そういう点では少し困るかも。

浮貝/ メイン曲のドヴォルザーク 交響曲第8番で好きなところはありますか?

弦トレ/ 4楽章の、チェロが主題を弾いているところです。練習番号でいうとNです。
  あと、3楽章の民族っぽい雰囲気も好きです。前回のカリ1でも、3楽章中間部のオーボエのメロディが好きでした。

浮貝/ では最後に、来てくださるお客様に向けて一言お願いします!

弦トレ/ 今回の演奏会は4年生の卒業演奏会でもありますし、このメンバー、OBOG・エキストラさん・指揮者の先生・お客様でできる演奏会は1回きりなので、精一杯やりたいです。そして今後も、メンバーが変わった愛教オケの演奏を聴きに来ていただきたいです。

浮貝/ ありがとうございました!


(取材日2017年2月15日)


――――――――――――
【第86回定期演奏会】
 
指揮
海老原 光

曲目
ドヴォルザーク     交響曲第8番 ト長調
チャイコフスキー    バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋
リムスキー=コルサコフ 歌劇「皇帝の花嫁」序曲

日時
2017年3月12日(日)
17:45開場/18:30開演

会場
愛知県芸術劇場コンサートホール

入場料
全席自由800円(前売り700円)

2017年2月16日木曜日

総合トレーナー

今回と次回は、メイントップへのインタビューはお休みして、メイン曲を担当している学生トレーナーにお話を伺います!

今回は総合トレーナーにインタビューします!

――――――――――――
浮貝/ 今回の演奏会はメイン曲を振って、さらに全乗りですね。

総トレ/ 大変だけど、私は全乗りが避けられないから覚悟はしてます。でも前回みたいに序サブ両方を振るよりはメインだけの方が気持ちは楽。曲は重たいけど(笑)。
 メインの方が先輩がたくさんいて少し怖いです(笑)。言葉遣いとか少し気を付けています。

浮貝/ メイン曲はドヴォルザークの交響曲第8番ですが、好きなところはどこですか?

総トレ/ 3楽章の練習番号Eの、弦楽器とトランペットとティンパニになるところです。

浮貝/ 普段のトレーニングで心がけていることはありますか?

総トレ/ テンポが走ったり遅くなったりするのを先生が気にされているので、それを特に気を付けています。テンポが一定のはずなのに早くなったり遅くなったりしてしまうので。それを取り出して何回も練習するようにしています。

浮貝/ 愛教オケの良いところはどんなところだと思いますか?

総トレ/ 良い意味でゆるいところ。きっちりするべきところはしてるけど、厳しすぎないというか雰囲気がよくて、居心地が良いです。
 指揮者の先生には、愛教は礼儀正しいって言われます。言われてから「あぁ、そうなのかな」って思いました。先生やエキストラさんへの対応は気を付けています。

浮貝/ では最後に、演奏会への意気込みをお願いします!

総トレ/ 今回は先輩方の卒演になるので、本番に先輩方がうまく演奏できるように、トレーニングを通して支えていきたいです。本番にコンディションを合わせていけるようなトレーニングができればと思います。メイントップはほとんどの人が4年生なので、先輩方が本番にしっかりと演奏している姿を見に来てください。


(取材日2017年1月22日)


――――――――――――
【第86回定期演奏会】
 
指揮
海老原 光

曲目
ドヴォルザーク     交響曲第8番 ト長調
チャイコフスキー    バレエ音楽「白鳥の湖」より抜粋
リムスキー=コルサコフ 歌劇「皇帝の花嫁」序曲

日時
2017年3月12日(日)
17:45開場/18:30開演

会場
愛知県芸術劇場コンサートホール

入場料
全席自由800円(前売り700円)